施設案内

ご挨拶

はじめまして。院長の小島啓志と申します。

昭和55年7月、父が設立いたしましたこの小島内科クリニックに平成21年4月より参加。平成23年9月より院長を引き継ぎました。

国立名古屋病院(現・国立病院機構名古屋医療センター)、岐阜大学医学部附属病院、厚生連中濃病院(現・中濃厚生病院)、多治見市民病院では主に食道・胃・腸・肝臓・膵臓・胆嚢といった消化器疾患の治療、内視鏡検査・治療をおこなってきました。加えて、糖尿病・高血圧症・高脂血症といった生活習慣病に対しても広く関わってきました。専門分野である消化器疾患はもちろんのこと、糖尿病、高血圧症といった生活習慣病に対しては患者様と共に学び、共に予防、治療に取り組みたいと考えております。コミュニケーションを大切にし、来院していただいたからには少しでも「来て良かった」と思っていただけるような医療を目指します。また、より安心な医療、先進医療情報を皆様に提供させていただくため地域の中核病院と連携を図って参ります。

皆様と共に一歩一歩、歩んでいきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

*お気づきの点がございましたら、遠慮無く、私または医院スタッフにお話し下さい。


院長略歴

昭和62年 3月 岐阜県立岐阜高等学校卒業

平成06年 3月 関西医科大学卒業

平成06年 6月 国立名古屋病院(現・国立病院機構名古屋医療センター)研修医

平成08年 6月 同消化器内科専攻医

平成11年 1月 岐阜大学医学部附属病院第一内科医員

平成11年12月 厚生連中濃病院(現・中濃厚生病院)内科

平成14年10月 多治見市民病院内科・医長

平成20年 7月 多治見市民病院内科・診療部長

平成21年 8月 小島内科クリニック

所属学会・資格など

日本内科学会認定内科医

日本消化器病学会専門医

日本消化器内視鏡学会専門医

日本ヘリコバクターピロリ学会 H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医

日本医師会認定産業医

日本糖尿病学会 所属

日本癌治療学会 所属

ご挨拶

前院長の小島峯雄です。岐阜大学で長い間、ウイルス肝炎の研究生活を送り、講師として診療、教育に携わりました。その後、県立岐阜病院(現・岐阜県総合医療センター)第2内科・部長を経て、昭和55年に、この地で小島内科クリニックを開業いたしました。早いもので私も後期高齢者となりました。息子が院長を継ぎましたので、今は得意分野の患者さんを診察することにしています。まだ元気にしておりますので皆様のお顔を見るのが楽しみです。


診療時間

※日・祝日は休診です。

▶詳細はこちら

050-5578-8545

午前分7:00〜11:30、午後分13:00〜18:30

▶詳細はこちら

小島内科クリニック

〒500-8156 岐阜市祈年町10-38




ページトップへ戻る